相互アナニーについての紹介

アナニー

 

アナニーを一人で行わずに、誰かと一緒に行うことを”相互アナニー”と言います。

 

具体的には、相手のアナルを気持ち良くしたら、今度はこっちのアナルも気持ち良くしてもらったりと、アナルを弄りあう行為です。

 

指や舌、アナルグッズなどを使って、お互いにアナルを愛撫しあって気持ち良く感じ合うのです。

 

一人でのアナニーの気持よさにマンネリし、さらに違った快楽を求める方など、この相互アナニーの方向に走る傾向があります。

 

 

相互アナニーを手っ取り早くやるには?

 

相互アナニーしたいけど、相手がいない!どうすればいい…?という悩みを抱える方もいるかと思います。

 

一番手っ取り早い解決策は、お金を払って前立腺マッサージをしてくれる風俗へ行くことです。

 

リスクも少なく、安全です。

 

しかも相手はプロです。お金を払う分だけサービスを尽くしてくれます。

 

現在では、多種多様な性癖を持つ人が増えて来ているために、そのニーズに応じるべく風俗店も数多くのジャンルのお店があります。

 

実際に、アナルプレイ専門のお店があったり、前立腺刺激の専門のお店もあります。

 

これはアナルでの性行為が、どんどん一般化して来ている証拠と言っても過言ではないのです。

 

しかし、風俗はそれなりにお金が掛かります。

 

お金がないのであれば、やはり自分で相手を見つけるしかありません。

 

相手の基準は、「お互いのプレイを合意のもとに行える」パートナーであれば、まず問題ないでしょう。

 

 

相互アナニーの相手に相応しいのは恋人や妻など近親者

 

一番適しているのは、恋人や配偶者です。

 

すでに完全に身も心も許し合っている身で、そして愛し合っている身であれば、多少アブノーマルな行為でも、大目にみてくれる場合もあります。

 

ただ、恋人にアナルで感じることを知られたくない人もいますよね。

 

そういった方は、ネットの出会い系などで探してみると良いですよ。

 

 

ネットの出会い系も相手が見つかりやすい

 

現在では、出会えるSNSサイトなども普及していますよね。

 

後腐れなく、純粋にアナルを楽しみあう関係を求めている人も少なくはありません。

 

抵抗が無ければ、ゲイの男性でも良いでしょう。

 

また、女性を選ぶ場合も、「完全にセックスは無しでアナルだけを楽しみたい」など、下心がないという気持ちをアピールしていった方が、相手は探しやすいかも知れません。

 

このようなコミュニティで相手を探す場合は、プレイ内容からホテル代の面まで、初めのうちにしっかり約束を取り決めておきましょう。

 

ただ、出会い系サイトを利用する場合は、注意が必要です。

 

大手のSNSのコミュニティとは異なり、詐欺まがいのサクラ行為をしてくるサイトも、まだまだ存在するのがその理由です。

 

 

ちなみに、

 

相互アナニーの相手を探すならこちらの出会い系サイトがおススメです>>

 

 

相互アナニーのマナー

 

実際に知らない人と相互アナニーをすることになったら、やはりマナーは大事です。

 

しっかりと身なりも整え、シャワーもして、アナルもキレイにしておきます。

 

できれば、その日は何も食べないほうが、アナルプレイもスムーズにいきます。

 

もし食べてしまうと、アナルを弄っている途中で、うんこをしたくなってくる事があるので注意しましょう。

 

そして会ってからは、いきなり行為を望むのではなく、お互いの心を開き合うように、会話やちょっとしたスキンシップがあったほうが、スムーズに相互アナニーに望めるでしょう。

 

徐々にお互いの心が通い合い、気持ちが一つになれば、大胆にバックからペニスバンドで突いてもらえるような、刺激的な行為だって夢ではありません。

 

良質な相互アナニーのパートナーが見つかるように、行為中はもちろんのこと、相手探しからコミュニケーションまで最善を尽くしていきたいですね。