前立腺バイブを使ったアナニーのやり方・方法

 

前立腺バイブ

 

前立腺バイブを挿入する

 

前立腺バイブの実際の使い方ですが、まず身体や部屋の環境を十分に準備してから、ローションをたっぷりアナルに塗布して下さい。

 

そこから初めて挿入になりますが、体制も屈曲位などのお尻を突き出すようなポーズの方がやりやすいですよ。

 

どのように入れていくかですが、一般的な基準として、太さが30ミリ以下のモノは、指二本が入る程度に広がって居ればスムーズに挿入をすることができます。

 

しかし、太さが30ミリ以上であれば、一度ゆっくり挿入を試し、難しそうだったら取り出すといったような具合で、徐々に徐々に押し進めていくようにしましょう。

 

くれぐれも、いきなりググっと押しこむような事はやめて下さい。

 

前立腺バイブの電源も、挿入する際には入れず、アナルに挿入した後に電源を入れるようにしましょう。

 

無事に挿入して肛門が広がり、しばらくアナルに慣らしてから、電源を入れてみると良いですよ。

 

 

 

前立腺バイブを動かす

 

ヘッドのスイングも最初はゆっくりで、徐々にスピードを高めて激しくしたほうが、体にも優しいです。

 

後はひたすらその前立腺バイブの刺激を味わうだけです。

 

前立腺バイブの使用時間の目安として、初心者であれば30分くらいを目安にすると良いかと思います。

 

実際に、前立腺がある程度開発されていれば、この時点でかなり気持ちよく、ドライオーガズムを迎える人もいます。

 

もし感度が薄い場合は、アナルの開発自体がまだ不十分になっているか、バイブとの相性が悪い可能性があります。

 

初心者の場合は、アナル開発がまだまだ進んでいないことが原因になっているケースがほとんどです。

 

しかし、10回以上やっても全く気持ちよくならなければ、前立腺バイブと相性が悪い事が考えられてくるので、別なグッズを試してみましょう。

 

前立腺バイブで気持良くなるには、アナル開発の度合いや、その日の体調、使っている器具の質や、相性も関係しているのを覚えておいて下さい。

 

 

前立腺バイブを使い終わった後のメンテナンスについて

 

前立腺バイブを使い終わったら、きちんと洗ってメンテナンスするようにしましょう。

 

防水仕様のものであれば、水洗いも可能なので、気兼ねなくジャブジャブ洗う事ができます。

 

防滴仕様の場合は、電源部分などに注意して、気をつけながら水で洗うか、水拭きといった感じですね。

 

防水が全然ない前立腺バイブに関しては、洗浄できないので、水拭きをしてキレイにするようにしましょう。

 

アダルトグッズのメンテナンスキットを使うと、除菌クリーナーなども付いているので、清潔に前立腺バイブを保つことができておススメです。