アナニーとその環境について

 

アナニー

 

アナニーにおいて大切なこと。

 

それは道具ではなく、アナニーを行う環境です。

 

なぜ環境がそれほど大切なのか?というと、アナニーでドライオーガズムを体感するためには、アナルの刺激に意識を集中させる必要があります。

 

なので、その集中力が妨げられるような環境だと、結果としてドライオーガズムを得られにくくなるのです。

 

一番の理想は、リラックスしてアナニーに臨むことです。

 

そこで特に大切とされるのが、行為を行なう部屋の環境となってくるのです。

 

例えば、隣から騒音が聞こえたり、車や電車の音が響いてくるような部屋は、アナニーどころではありませんよね。

 

このような阻害要因は、アナニーで気持よくなれない大きな要因になります。

 

ですから、同居している場合でもなるべく家には一人でいる時や、工事などをしていない、静かで集中できる環境のもとで行なうことが大切です。

 

 

アナニーに適した環境は

 

■ 誰にも邪魔されずにリラックスできる部屋

 

■ 旅館やホテルなどの宿泊施設

 

などです。

 

 

旅館やホテルになると、お金こそ掛かってしまいますが、それだけの価値はあります。

 

出張などで、一人でビジネスホテルに泊る時なんかは、アナニーに最適ですね。 

 

邪魔をする外的要因が一切ないので、アナニーに集中することが出来きます。

 

 

部屋の温度にも気を使おう!

 

そして、部屋の温度も大切です。特に寒いのは良くありません。

 

暑さはムラムラと性欲を刺激する効果があり、ある程度は許容範囲なのですが、寒さは性欲自体を奪います。

 

現に、夏と冬、どちらがムラムラするという質問をすれば、ほとんどの人が夏と答えます。

 

寒いと乳首が硬くなったり、ペニスが萎縮してしまうのを感じたことがあると思いますが、やはりある程度の快適な気温に保っておくことは大切です。

 

気分を盛り上げる為のオカズも大事です。

 

動画や写真、マンガなどを用意するだけでも、エッチなスイッチの入り方はまったく変わってくるはずです。

 

通常のペニスで行なうオナニーには、そこまで注意を払わない人も多いですよね。

 

騒音や温度環境が良くなくても、ペニスが勃起してシコシコすれば簡単に抜けちゃいます。

 

しかしアナニーはそうはいきません。特に初心者はそれを感じるでしょう。

 

アナニーは、しっかりと環境とメンタルを整えることが、第一歩なのです。