アナニーを始める前に必要な知識など ※前立腺オナニーに役立つ記事一覧

アナルオナニーをする為には、アナルの構造を理解することが大切です。理解した上でアナルを刺激することによって、快楽も得やすくなるのです。肛門の入り口についてまず肛門の入り口から理解していきましょう。入り口には、「菊の門」と呼ばれる放射状の、しわになっている粘膜があります。ここは、唇や皮膚などよりも薄く、非常に敏感な構造になっているのです。このような粘膜部は、強い刺激を与えてしまうと痛みを伴います。た...

ドライオーガズムを体感するために、アナニーで欠かせない前立腺への刺激。その前立腺という器官について、ここでは、できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。前立腺とは?前立腺は男性にしかない器官で、膀胱の下にあり、尿道を囲むようにして存在しています。大きさはそれほど大きくなく、クルミほどの大きさをイメージすると良いかと思います。前立腺については、人体科学がこれだけ発達しているのにも関わらず、医...

トコロテンとは、前立腺を刺激していて、ペニスを触ったわけでもないのに、精液がドロっと漏れるように流れ出てしまう現象の事を言います。この現象は、今までのペニスオナニーでは考えられない現象なので、実際に体験すると、びっくりしてしまう方も多いようです。もちろんこれは、異常なことではないので、いざそういった状態になっても慌てないで下さい。前立腺刺激を行なっていると、”性能”と呼ばれる前立腺の真上にある器官...

アナルで快感を感じるって不思議ですよね。というわけで、ここではアナルで快感を感じるメカニズムについて、解説していこうと思います。排泄感の気持ちよさアナルで快楽を得られるポイントの1つに”排泄感”というものがあります。これは、生き物が全て生まれながらに持っている快楽で、人間の”欲求”に値します。これをストレートに言うなれば、”ウンコをする気持ち良さ”のことです。ウンコはただ出て行くだけですが、アナニ...

体はアナル刺激を不快に感じる!?アナニーは、そもそもとっても不自然な行為です。指や器具をお尻の穴に入れるのは、自然界でもかなりクレイジーな行為です。今でこそネットを通じて、”アナルで快楽を得られる”という方法が伝えられているものの、そういった媒体が無ければ、まず誰もやってみようとは思わなかったでしょう。それは肉体に取っても同じで、体も不自然に感じます。初めてアナル弄って、すぐに快感を感じるとすれば...

まずはお尻の構造を知っておこう(お尻の穴のパーツについて)本来のお尻の構造というものは、誰もが知っているものです。食べたものが胃腸を通じてアナルに行き、それが排泄される仕組みです。しかしながら、実際に内部構造を明確に知っている人は少ないのが事実です。無理もないですね。そもそもそのまま内臓と直結しているアナルなので、直接自分で内部を覗ける機会などはないですから。しかし、アナルオナニーをする上では、や...

エナジーオルガスムスとは、ドライオルガスムをさらに超えた快楽の事を言います。これは、アナニーのようにお尻の穴に手を触れることなくドライオルガスムに達する方法で、自分の意志だけでドライオルガスムに達する事ができるというもの。しかし、到達するには初心者には到底不可能で、熟練のアナニストのみが辿り着ける境地とも言えるでしょう。夢のような話かも知れませんが、実際にこの快楽を体験している人は存在します。メカ...

アナニーは、肛門と直腸を使ったオナニーなので、衛生面を第一に考え、次に裂傷を注意する必要があります。以下に、アナニーでしてはいけない事をまとめましたので、アナニーをする際の参考にしてください。アナニーでしてはいけない事■ 肛門のサイズ以上の器具を入れてはいけない■ アナルグッズ以外の物を入れてはいけない■ アナルグッズ、前立腺グッズを使った後で放置しない肛門のサイズ以上の器具を入れてはいけない肛門...

アナルオナニー、いわゆるアナニーはハマると病みつきになるほどの快感があるといわれていますが、その反面、注意してプレイしないと思わぬ事態を引き起こす可能性があります。ここではアナニーのリスク、危険性を説明するのでアナニーファンの人はぜひ参考にしてください。アナニーのリスク、危険性について■ アナルを拡張しておかないと肛門や直腸の裂傷を招く■ 爪や挿入グッズに鋭利な部分があると同じく裂傷を招いて炎症を...

アナニーにおいて大切なこと。それは道具ではなく、アナニーを行う環境です。なぜ環境がそれほど大切なのか?というと、アナニーでドライオーガズムを体感するためには、アナルの刺激に意識を集中させる必要があります。なので、その集中力が妨げられるような環境だと、結果としてドライオーガズムを得られにくくなるのです。一番の理想は、リラックスしてアナニーに臨むことです。そこで特に大切とされるのが、行為を行なう部屋の...

アナニーをやった事がない人ほど、アナルは汚いのではないか?という固定概念があります。しかしそれは、肛門が「うんこ」、「排泄物」を出す器官になっているので、当たり前といえば当たり前の認識です。むしろ、汚いという認識があればこそ、アナニーをより清潔に楽しもうと思うので、ある意味ではとても大切な考え方になります。しかし、アナニーに取り組んでいくにつれて、汚いという始めの印象はだんだん薄れてきます。それは...

アナニーをする場合に必要な道具を紹介したいと思います。・タオル、ティッシュ・アナル洗浄グッズ・アナル向け指サック・アナルローション・ディルド(アナルほぐし、開発用)・エネマグラまたはアネロス・前立腺バイブ以上がアナニーをする上で必要になってくる道具になります。アナル洗浄グッズアナル洗浄グッズはアナニーに欠かせないグッズです。肛門には菌が多くいるため、洗浄しないまま指を挿入したり、アナルグッズを使用...

アナニーの時間の目安について。初心者であれば30分程度、上級者であれば1時間〜を目安にすると良いかと思います。アナルオナニーには時間が掛かります。これは心得ておきましょう。通常のオナニーであれば、5分足らずでフィニッシュすることができる人もいると思いますが、そうはいかないのです。ムラムラしてきても、すぐに処理という訳にはいかないのが、アナニーの特徴です。もちろん慣れてくれば、ある程度の短い時間で絶...

アナルでオナニーをしたら、ペニスでのオナニーよりも何倍も気持ちよくなる…。なんてこと、誰もが聞いたことあると思います。しかし、これって本当なんでしょうか?通常のオナニーって、勃起したペニスをしごくのがほとんどだと思います。女の子だって、通常のオナニーは、勃起したクリトリスを刺激したりヴァギナをを刺激したりしますよね。濡れてきたり勃起してきたり、ある意味そういう現象ってわかりやすいです。そして皆して...

アナニーをする際に、大抵の人は指やディルド、エネマグラなどを使用するのが一般的です。今回は、少し慣れた人向けになりますが、身近な周りにあるものを使っても、アナニーで快楽を得ることができるというのをお伝えします。”こんなものでも僕は気持ち良くなれるのか”という方には良いかもしれません。ただ、もちろんアナニー専用に作られているものではありませんので、痛かったり、様子がおかしいと感じたら、使用は絶対にや...

男のアナルオナニーこと、アナニーをしてる方達の口コミや感想をまとめてみました。ドライオーガズムを目指している方や、これからアナニーにチャレンジするという人は、参考にしてみて下さい。アナニーの快感度についてみんなの口コミ&感想■ 前立腺をいじっているだけで、ゆったりとした多幸感に包まれる気分■ 射精のように急激な快感はないけれど、何度も何度もユルい快感が訪れる感じ■ トコロテンを初めて経験した時は思...

アナニーは十分に注意して行わないと、肛門や直腸を傷つけて出血することがあります。出血の際の対処法を以下に記しますので、出血した時の参考にしてください。アナルから出血した時の対処法と注意点■ どの場所から出血しているか確認する■ 出血の状態がひどくなければ自分で塗り薬を使って様子を見る■ アナニーをしばらく中止してアナルを清潔にする■ 味の濃い食事や座りっぱなし、立ちっぱなしの状態を避けてアナルへの...

アナニーをする際、PC筋と呼ばれる部分を鍛えることによってアナルの締りが良くなり、さらにアナニーを気持ち良くさせることができます。以下にPC筋の鍛え方を記したので参考にしてください。PC筋の鍛え方@ PC筋ってどこにあるの?A PC筋を鍛えるとどのように変わるの?B PC筋を鍛える方法って?PC筋ってどこにあるの?PC筋は別名、骨盤底筋群とも言われており、ペニスや肛門の上、会陰部の上をぐるりと回っ...

アナニーを続けると肛門や直腸が緩くなる、と言われます。実際、ハードなアナニーファンは通称、火山口と呼ばれる脱肛状態になることもあります。ここではアナニーによるアナルの緩みについて検証します。アナニーで肛門や直腸が緩くなる原因と症状■ アナニーを始めるとグッズ挿入のためにアナル拡張をするようになる■ 肛門の括約筋は薄いので拡張するとしばらくは元に戻らない■ 肛門は時間が経つと収縮するが頻繁にアナニー...