アナルオナニーの正しい方法・やり方まとめ

 

アナニー

 

「アナニーってどうやるの?」
初めてアナルオナニーする場合、正しいやり方がわからないと不安ですよね。

 

実際に間違えたアナニーのやり方をすると、アナルを傷つけたりしてケガをする場合があります。

 

なのでここでは、アナニー歴13年、女装男子の僕が、正しいアナニーのやり方を解説しているので、初心者の方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

アナニーをする前の準備

 

アナニーをする上で大切なこと、それはアナルをしっかりとほぐしてあげる事です。

 

アナルは、指でほぐさなければ閉じてしまうために、特に初心者のうちのステップとして必要な事です。

 

また、慣れてくることで指だけでもドライオーガズムに達することが出来たり、
「トコロテン」と呼ばれる快楽で、絶頂に達するという事も可能になります。

 

ですから、指をしっかり極めておけば、気持ちいいアナニーはできると言っても過言ではないでしょう。

 

指を入れる体勢としては、屈曲位が推奨されています。

 

この体勢は、おしりに無駄な力がはいることがないので、特に初心者には向いている体位です。

 

 

1、アナルをほぐす

 

まずは、お尻の穴の表面から徐々にほぐして行きます。

 

一番細い小指にローションをつけたら、それをアナルに挿入していきます。

 

入れた時に、ヌルヌルとした指でアナルを掻き回すと、気持ち良さを感じられるかも知れません。

 

しかし、きつくてなかなか入らないという人は、ゆっくりと焦らずに、徐々に表面部分から、少しづつ慣らすようにして挿れていきましょう。

 

 

2、指をアナルに入れてみよう!

 

小指がアナルに馴染んで入るようになったら、指を出し入れしましょう。

 

もしそこで痛みを伴ってしまったら、ローションが不足している可能性があります。

 

ローションは、満遍なく塗布して、ぬるっぬるにしてしまって結構です。

 

やがて、その出し入れも慣れてきたら、今度は中指を挿れていきます。

 

中指は、指の中で一番長さがあり、コントロールしやすいので、指で前立腺を刺激するのには最適です。

 

しかし、この過程でも焦りは絶対に禁物です。

 

なるべく”徐々に徐々に”という気持ちで、深呼吸をしながらゆっくり指を進めて行きましょう。

 

まずは、最奥部まで指が到達することを目指しましょう。

 

1日でこれができるという人もいますが、何日掛かっても難しいという人もいます。

 

そういう方も、決して焦らず、”今日はダメだったけどまた次がんばるか”くらいの軽い姿勢で居ましょう。

 

”ローマは1日にしてならず”という言葉がありますが、”アナニーの快楽も1日にして成らず”です。

 

しかし、アナルはもともと性感帯なので、このお尻に異物が入って行く感覚に慣れれば、必ず気持ち良くなってきます。

 

人差し指が、自由に出し入れできるほどアナルが慣れたら、まず第一歩目は通過したと思って良いでしょう。

 

 

3、指で前立腺を刺激しよう!

 

 

アナルの奥まで中指を入れて、ペニス側にクイっと曲げると、そこに少しもっこりして、コリコリした部分があるかと思います。

 

それが前立腺なので、それをゆっくり、優しく押して刺激したりして下さい。

 

この前立腺を圧迫して刺激するのが、前立腺オナニーです。

 

なので、後はそれを繰り返して、自分の気持ちがいい触り方を追求したりしながら、前立腺の刺激を楽しみましょう。

 

その先に、ドライオーガズムが待っています。

 

 

4、指で慣れたら前立腺グッズを使おう!

 

指で前立腺オナニーをやるとわかりますが、非常に腕や手、指が疲れます。

 

疲れる度に休むと、盛り上がっていた快感の波も引いてしまうので、なかなかドライオーガズムを体感する事ができません。

 

指でドライを目指すのはとても難しいのが現実です。

 

なので、指でひと通り前立腺オナニーになれたら、今度は前立腺グッズを使うようにしましょう。

 

前立腺グッズの、エネマグラ(アネロス)を使ったり、前立腺バイブを使う事によって、より楽に前立腺刺激を楽しむ事ができますよ。

 

 

 

 

 

当サイトの歩き方

 

 

まず、アナニーの知識がない方は、

 

「アナニーを始める前に」
「アナニーに関する知識」

 

に目を通して頂けると、より深くアナニーの事が理解できるかと思います。

 

それから

 

「アナニーのやり方・方法」
「おススメのアナニーグッズ」

 

と読み進めると、スムーズにアナニーをする事ができます。

 

 

アナニーに対する見方・考え方

 

まずアナニーに取り組む際に必要なのが、自分自身がアナニーをどう捉えているのか。

 

その見方や考え方が大切になってきます。

 

そもそもアナニーで何をしたいのか?を明確にしていないと、ただの徒労で終わってしまう事がありますので、何を目的にアナニーをするのかをはっきりと決めておきましょう。

 

個人的に思うのは、やはりアナニーをする理由として、「ドライオーガズム」を体感したいという方が多いのではないかと思います。

 

「ドライオーガズム」を簡単に説明すると、女性の体感するオーガズムのような、強烈な快感の事をいうのですが、

 

それが射精せずに味わえるので、何度も何度も繰り返す事が可能で、ゆえにその虜になってしまう男達が後を立たないのであります。

 

ちなみに、アナニーをしながら射精をして快感を得る事を「トコロテン」と言います。

 

精子が押し出されるような感覚で、夢精に近いものです。

 

アナニーで、ドライオーガズムを体感する事を最終目的とした場合、そこに至るまでどれくらい時間がかかるのか?

 

初心者の方は、アナニーの知識はほとんどないので、トライしてみればすぐにドライオーガズムを体感できるだろうと考えがちですが、実際はそうではありません。

 

アナニーを途中で挫折する人の多くは、ドライオーガズムはすぐに体感できるものと考えてしまっている事が多いです。

 

あまりに短期的な目線で取り組んでいるんですね。

 

なので、何度かやってみて到達できないと、すぐにあきらめてしまうという残念な結果になってしまいがちです。

 

アナニーは長期的な目線で取り組むこと。

 

 

ドライオーガズムは、前立腺を徐々に慣らして開発して、体感できるものと考えておいて下さい。

 

自分のアナルを調教して慣らしていく、育てていくイメージでトライすると良いですよ。

 

一生アナニーを楽しむ気持ちで取り組んでも良いかと思います。

 

それほどドライオーガズムの快感は素晴らしく、ぜひ一度は体感して欲しい刺激です。

 

当サイトから、ドライオーガズムに達する事のできる、アナニストをたくさん輩出できれば感無量でございます。

 

それでは、良いアナニーライフを送っていきましょう。